Click NoCode Logo

東武トップツアーズ株式会社ClickでつくるAIアプリで社内DXを推進すると共に、地方自治体に地域特性に応じたDXソリューションを提供

東武トップツアーズ株式会社は、東武グループに属する大手旅行会社で、国内外の旅行の企画・手配や法人向けの会議やイベントの企画・運営などを手掛けるとともに、教育関連事業や無人航空機の操縦教育、資格認定も提供しており、幅広いニーズに応える多様なサービスを展開しています。デジタルトランスフォーメーション(DX)にも積極的に取り組んでおり、AIやWeb3技術を活用した新たな事業も展開しています。

この度は、東武トップツアーズのCDOとしてDXを推進するとともに、ITエンジニアとして現在に至るまでClickを活用し100個以上のアプリを開発・運用されているという村井宗明さんにお話を伺いました。

伝えたいこと

Clickを使うことで、工数が大幅に削減されました。また、完成したアプリを簡単にコピーすることができるので、横展開も非常にやりやすいです。これにより、案件の処理が迅速化され、新しいビジネスチャンスを逃さずに対応できるようになりました。

村井さんの自己紹介をお願いします

私は、衆議院議員を3期務め、文部科学大臣政務官として行政DX(デジタルトランスフォーメーション)をリードしてきました。政界引退後は、ヤフー株式会社やLINE株式会社に行政専門のITエンジニアとして勤務し、文部科学省や経済産業省、岩手県などのシステムを開発しました。LINE株式会社に在籍していた時には、ダウンロード不要のワクチンパスポートアプリ 「スマートコロナパス」の開発にも携わりました。

現在は、東武トップツアーズのCDO(最高デジタル責任者)を務めており、東武トップツアーズのデジタル技術の導入と活用を進め、業務の効率化と新しい価値の創出に努めています。

御社でのDXの取り組みについても教えてください

東武トップツアーズでは、DXを推進する中で社内用AIアプリの開発と活用を積極的に行っています。Clickを活用して2つの社内AIアプリを開発し、全社員が利用しています。これらのアプリは、業務の効率化と品質向上を目指して設計しました。

まず、企画書作成・メール文章作成・事業計画書・広報担当支援アプリについてです。このアプリは、企画の案を入力するだけで、それに合った内容の企画書のたたき台を自動的に生成します。KPIや持続的な観光地域づくりの項目も自動で含まれ、費用積算まで行います。これにより、企画書作成が非常に楽になり、効率が大幅に向上しました。

次に、文章校正アプリです。このアプリは、メールや事業計画書、広報資料の作成を支援するものです。AIが文章を校正し、適切な表現を提案するため、文書の品質が向上します。これにより、社員が作成する文書の正確性とプロフェッショナリズムが向上しました。

総務省は「49%の人はAIに仕事を奪われる」としていますが、東武トップツアーズはAIを使いこなす側になります。AIを積極的に活用し、業務の効率化や新たなビジネスチャンスの創出を目指しています。Clickは豊富なAPI接続とその使いやすさで、AIアプリの開発にも最適なツールです。このように、DXを推進することで、業務の効率化だけでなく、新たな価値の創出にも繋がっています。

東武トップツアー専用社内チャットGPT
東武トップツアー専用社内チャットGPT

Clickで開発したアプリで地域特性に応じたDXソリューションを提供することで、地方のデジタル化を促進されていますが、具体的な事例を教えてください。

東武トップツアーズは2021年にソーシャルイノベーション推進部内にDX推進室を新たに設置し、AI、AR、メタバース開発、アプリ開発、SNSのAPI開発などデジタル技術を活用した地方自治体や観光協会に向けのDX支援を行っています。Clickを利用する事により、アプリ開発を内製化しています。いくつかの例を紹介しましょう。

まず、自治体AIチャットボットアプリの開発です。このチャットボットアプリでは数千パターンの質問に自動で回答することができ、コールセンターのコストを大幅に削減しました。さらに、365日24時間対応で住民の利便性を向上させ、職員の電話対応の手間も減らすことに成功しました

またClickを活用しwebアプリで作成しているので、自治体のLINE公式との連携も容易にできます。

次に、港区産業振興センターでは、Clickで事業計画書専用のAIアプリを開発し、事業者の支援を行っています。このAIアプリは、事業者がより効率的に計画書を作成できるようサポートしています。

また、オンライン学習の支援として、神奈川県のオンライン学習プロジェクトでClickを活用しました。このプロジェクトでは学研と協力し、低コストでサクサク動作するオンライン学習プラットフォームを提供しました。このプラットフォームは学習の効率化に大いに貢献しました

神奈川県のオンライン学習プロジェクト

社内用アプリの開発や自治体へのアプリ開発にClickをご利用いただいておりますが、Clickの優れている点はどんなところでしょうか?

東武トップツアーズでは、DXを推進する中でClickを積極的に活用しています。Clickの優れた点はいくつかあります。まず、簡単にサクサクッとアプリを作成できるところです。Clickを使用することで、短時間で簡単にアプリを作成できます。通常なら数日かかる作業が半日で完了することもあります。以前はコードを一から書く必要があった部分も、Clickでは直感的なインターフェースで簡単に作成できるんです。

さらに、LINEログイン機能が非常に便利です。実は、この機能は私が提案し、CTOの中さんに作っていただいたものです。当時LINE社に勤務していた経験を活かし、この機能を導入しました。通常、LINEログインを実装するにはコード開発が必要ですが、Clickではエレメントを設置して設定するだけで、ノーコードで簡単にアプリとLINE連携ができるため、非常に便利です。

また、Webview機能も大変優れています。ClickのWebview機能を使うことで、外部ウェブコンテンツをアプリ内に簡単に統合できます。これにより、拡張したアプリを開発することが可能です。

効率の向上も大きなメリットです。Clickを使うことで、工数が大幅に削減されました。例えば、以前は数日かかっていた作業が、現在では半日で完了することが多いです。また、完成したアプリを簡単にコピーすることができるので、横展開も非常にやりやすいです。これにより、案件の処理が迅速化され、新しいビジネスチャンスを逃さずに対応できるようになりました。

今後Clickに期待する事をおしえてください

Clickの拡張性として、音声入力機能の追加も期待しています。音声入力が可能になることで、さらに使いやすくなり、多様なニーズに対応できるようになるでしょう。これはAIとの連携でもニーズに応えられると考えています。

東武トップツアーズ株式会社

所在地

東京都墨田区押上一丁目1番2号 東京スカイツリーイーストタワー

ウェブサイトURL

https://www.tobutoptours.co.jp/